美容と健康 人気教材

2017年05月



これでダメなら諦めなさい!げんこつダイエット

女性の患者さんから「禁煙すると太りますよね?」との質問には「それだけ体が健康になった証拠ですよ」「先ずは禁煙してから考えましょう」と、お茶を濁す程度のアドバイスしか出来ませんでしたが、経過観察中の男性(50代)への近況ヒアリングで「先生ベルトの穴一つ分痩せましたよ」との話を聞いて妙に心配になりました。

一度内科で受診をしてみてはと勧めた位、禁煙指導の経験上、太ることはあっても、痩せることは希なケースです。

当のご本人は「食欲もあり、ご飯も美味しい、息切れもなくなって、すこぶる元気ですよ」ましてや特別運動もしていないとの事でしたので、余計心配した記憶があります。

さらに詳しくヒアリングを行ったところ、禁断(離脱)症状対策として、レクチャーした強制腹式呼吸法が、自分には合っていて、暇があればやっていたとの事でした。

他の患者さんにもお願いして、効果を検証したところ、驚くほど減量(ダイエット)に効果的である事例が確認できました。

禁煙の副産物(デメリット)である、禁煙太りを解消する手法として偶然発見できたのが、この『げんこつダイエット』です。

腹式呼吸が体に良いことは、周知の事実ですが、一見簡単そうでも、出来ていない方が大半です。

単に鼻から吸って、口から吐き出すだけでは、腹式呼吸になりません。
よほど意識しないと、効果的な腹式呼吸は出来ません。風船ダイエットのように道具を使って、強制的に腹式呼吸をさせる方法もありますが、道具を一切使用しなくても、腹式呼吸が出来る『げんこつダイエット』が誕生しました。

しかも今回紹介させていただく『げんこつダイエット』は痩せる・絞る事だけに特化させ、徹底的に改良させた簡単・楽チン・ながらダイエットの、独自のメソッドです。

これでダメなら諦めなさい!げんこつダイエット



30日間集中ダウンエイジングプログラム 次世代型ストレッチ かつもとあきのスローストレッチ

スローストレッチは、ストレッチトレーナーとして活躍中のかつもとあきが考案したカラダ年齢若返りプログラムです。

1日たったの15分で20代の頃のエネルギッシュだった全盛期のカラダを取り戻す新メソッドとして、
多くの会社経営者やTVキャスター、芸能人などが支持している画期的なプログラムとしてマスコミも注目しています。

現在、世の中には多くのダイエット本や健康本、DVDが本当に驚くほど沢山あります。

また健康の本は数ありますが、それを日常生活でやるのが非常に難しいものや、単調すぎて飽きてしまうものが多かったりします。

スローストレッチはストレッチ、ヨガ、コアトレーニングの要素を組合わせた次世代型のプログラムになっています。
特に『忙しい人が1人でも簡単に習慣化できて結果が出せる』『筋肉を柔らかくし、血液、リンパ液の循環を良くし、カラダ年齢を若返らせる』ことにフォーカスを当てて考案しています。

ですから、今まで成果を上げられなかった方でもスローストレッチさえ続ければ、カラダの悩みを改善し、カラダ年齢を若返らせることが出来ます。

30日間集中ダウンエイジングプログラム 次世代型ストレッチ かつもとあきのスローストレッチ



心理ダイエットプログラム


臨床心理学に基づく心理療法と丹田呼吸法や医療気功といった伝統的な養生法を組み合わせた、精神医療用ダイエットプログラムです。

心理療法はヒーリング音楽をBGMに心理学に基づく認知行動療法、内観法、筋弛緩法、自律訓練法等を取り入れた音声心理療法になります。

臨床心理学の研究応用により脳内の潜在意識に入り込むFMθ波を誘導し深層心理に、食欲に対する認知を修正していくプログラムになっています。

このプログラム音声を何回も聞いて頂く事で、根本である食欲そのものが、減退し食欲をコントロールできるよう構築してあります。

伝統的な養生法である丹田呼吸法や医療気功は、ダイエットにもとても有効で、根本的な所から体質変換して、太らない体質へと改善し、活き活きとした美しさと健康的な心と体を得ることが出来ます。

心理ダイエットプログラム

自分で施す2週間で

坐骨神経痛とサヨナラするための方法



まさか!信じられない

朝起きて驚いた!

全く痛みがないなんて!

今僕は歩いている。

今までの治療方法は何だったのだ!

あんなに長く苦しんだ坐骨神経痛が
わずか2週間で改善したなんて

それはこれからお話しする僕の発見した
簡単な坐骨神経痛改善方法が全てでした。

毎日10分間実施しただけで
坐骨神経痛とサヨナラするための方法。

僕が2週間で改善させたその方法とは!

しかもほとんどお金いらずの方法で

ここに僕が発見した簡単にできる

坐骨神経痛改善方法を

今、あなたにも公開します。


自分で施す2週間で坐骨神経痛とサヨナラするための方法


イビキ改善マニュアル◆全額返金保証付き◆


さてイビキで悩んでいる皆さん

◆ イビキがうるさいと妻と別々の部屋にさせられた!
◆ 最近付き合い始めた彼氏と一緒に泊まるのが怖い!
◆ イビキ防止グッズを使ったがいまいち効果が現れない!
◆ 手術を考えているが、本当に治るのか不安!
◆ 睡眠時間を十分とっているはずなのに疲れが取れない!
◆ 日中急激な眠気に襲われる!
◆ 社員旅行はできれば行きたくない!
◆ 睡眠時無呼吸症候群になってしまわないか心配!
◆ いびきの事は何だか恥ずかしくてなんだか相談できない!

もし一つでもあてはまり、あなたがこれらのお悩みで「イビキをどうにかしたい」「どうしたらいいかわからない」「誰にも相談できない」「お金をかけたくない」と思っているのであれば、


いびきは普通の状態ではない

テレビなどで、寝たふりをする時は、いびきを出して、おもしろおかしくやっていたり、豪快にいびきをかいている人の方が熟睡して健康そうなイメージを持ったりしている人も多いでしょう。

ですが、いびきは決して、健康な状態ではありません。

最近では、睡眠時無呼吸症なども取り上げられるようになってきて、いびきへの意識は変わってきていますが、まだまだ誤解されている方が圧倒的に多いのが事実です。

アルコールや疲れなどで一時的ないびきは、その時だけなのでさほど問題はありませんが、常時かくいびきは放っておけば悪化していきます。

それは、いびきの原因が加齢や筋肉の衰えなども大きく関係しているからです。

いびきを常時かいている状態では、疲れや、眠気、だるさ、 そういった状態では回復を望む状況ではないという事です。

いびきのメカニズムについては、後から説明いたします。

「誰でもいびきをするからしょうがない」なんて思わないでください、 パートナーがいればイビキをかいている本人も悩みますし、 パートナーも「私の我慢が足りない」など思ってしまい、お互い辛い思いをしてしまいます。

けっして、いびきは健康な状態ではない事を、知っていただきたいのです。


イビキ改善マニュアル◆全額返金保証付き◆

このページのトップヘ